2020年06月01日

タイニーハウスに挑戦

タイニーハウスとは、
tiny「ちっちゃな」、house「家」のことです。

大きさは概ね 確認申請不要の、10m2程度が多いですね
幅2.7m×奥行き3.6m 6畳位のサイズ感なのでかなりコンパクトです。

工芸やお裁縫など趣味の部屋、ガーデニン道具の小屋に最適ですね
バイクや自転車、アウトドアー用品の小屋としても良いですね

このタイプは、所ジョージの世田谷ガレージにも出てきますね

海外メーカーのキットタイプになります
サイズは様々 小さいタイプから ボートの艇庫になる程度のサイズまであります このサイズなら バイクのピットとしても使えます










 

全てが加工され キットタイプなので 女性の方でも容易に組み立てが可能です

組み立てをする場所に 小屋を置く場所決め コンクリートブロックを敷いて 載せるだけ

完成したイメージ写真

ガーデニングの小屋に最適

ちょっとした趣味の部屋

大型県の県者としても良いかも

工芸などクラフトルーム

子供部屋に最適

艇庫、サーフボード、

バイクのピットにも使えますね

キッズハウス

素材はアメリカンレットシダー 赤杉材です 
アメリカンインディアンが グランドキャニオンの渓谷 湿度の高い場所でも木材が腐りにくい事から 選んだ材料と言われています
日本には雨季があり 湿度に強い素材がお勧めです
更に レットシダーは比較的柔らかく 加工も容易なので 組み立てが楽チンですね

図面を描いて 材料を拾い出し ホームセンターで材料を集めても パーツ毎に切ったりは大変です
不慣れな方でも 出来上がりはプロ並み・・・笑

詳しくは キングスワークショップのホームページ 又は 下記のお問い合わせから お問い合わせ下さい

posted by キングスワークショップ at 11:00| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: